« ムラサキミツボシキリガ | メイン | オガサワラヒゲヨトウ撃沈。 »

2009/11/10

糖蜜採集Ⅱ

昨日11月9日は山梨県の富士山麓へ糖蜜採集に出掛けてきました。

狙いはカバイロミツボシキリガ。

前回灯火に飛来したので、糖蜜にも来るかも・・・・との甘い期待でしたが、見事に裏切られました。

やはりそんなに甘いものではありませんでした。

ムラサキミツボシキリガとは同じ仲間なのですが、生態が違うのかも知れません。

ミツボシキリガも羽化年内にはほとんど糖蜜には来ませんが、年を明けると突然飛来し出します。

結果普通種ばかりですが、とりあえずアップしてみます。

2009119_1200m_4  糖蜜のド定番、ホシオビキリガ、こちらは黒点型のほうです。

何処に行ってもこのキリガが来ない日は有りません。

2009119_1200m_5 こちらはホシオビの白点型。

前翅の同じ処の点が、黒から白に変わったものです。

一生懸命糖蜜を吸っていますね。

おそらくお腹はパンパンでしょう。

2009119_1200m1 今度はテンスジキリガ。

こちらは主に高標高の山地に生息します。

標高が下がると替わりにそっくりなカシワオビキリガが生息しています。

両種は非常によく似ていて同定が難しいです。

どちらも生息地では多産します。

2009119_1200m1_2 キリガでは大型のキバラモクメキリガ。

これも平地から山地までどこでも出会います。

北海道から四国、九州の本土域に分布する普通種です。

木の切れ端に擬態した姿が面白いですね。

2009119_1200m_6 イチゴキリガです。

本土では九州には分布していない様ですが、分布は広いようです。

それでも個体数はそれほど多くないようで、私は昨年5頭ほどしか出会っていません。

大型で後翅の縁を黄色に染めた、中々カッコ良いキリガです。

今回は並行してライトトラップも仕掛けてみましたが、こちらもコウモリに飛来途中の獲物をさらわれてしまい、成果があまり有りませんでした。

写真もまずく記録程度ですがアップしておきます。

2009119_1200m_7 前回間違えたクシヒゲシャチホコの方です。

この時期山地に行くと出会えるシャチホコで、立派な触角をもっています。

名前の由来もこのヒゲから来ているのでしょう。

2009119_1200m_8  エグリキリガです。

翅の形が独特で、寸詰まったようなイメージです。

どう見ても、もっと翅が長くなければいけないです・・・・バランスが悪すぎですが、そこがまた可愛いですね。

手で触るとすぐに死んだふりをして、手乗りをさせてくれません。

2009119_1200m1_3 おそらくコケイロホソキリガ・・・だと思うのですが、どうでしょう。

分布は静岡以西となっていますが、富士山麓なら可能性はあると思うのですが。

これも死んだふりをして、手足と触角をたたんでしまっています。

明日からは雨が続くとの事、週末はちょっと違った場所に行ってみたいと思います。

また結果がどうでも、成果の方をアップします。

コメント

福島県いわき市勿来の関(標高50m以内)でテンスジキリガを写しました。
同定に時間がかかりました。

結局,明瞭な内横線が見られればテンスジキリガだという結論に達しました。

もんたさん、どういたしまして(^^)

コケイロ、ハンノ、カシワキボシの黒いヤツ・・・個体変異も有って結構ややこしいですね・・・・迷ったりするのも勉強です。

やっぱりムラサキは糖蜜が有利なんですね。
キリガも種類、季節によって嗜好が変わるのかも知れないし・・・奥が深いです(汗)


NANAUMEさんこんばんは!

蝶のシーズンも、本土では終了してしまったようで寂しいです。
NANAUMEさんは八重山遠征が控えているので、まだまだ楽しめますね。
目的の物がしっかりと採れるよう願っています。

近々反省会をやりましょう、楽しみにしています!(^^)!

ジスケさん
寒さなんてふっ飛ばし頑張っておられましたか。 珍のつくキリガをおさえられたのでしょうか。 私には良くわかりませんが、今週末は何としても次なるターゲットの確保して下さい。 当方、今少し時間のやりくりが付かず、ばたばたしていましたが、負けずに頑張ります。 

ジスケさん
私も灯火でムラサキ採ったのは1回だけです
糖蜜の方が効率よさそうですね

コケイロホソ、間違いないです
はっきり書かずにすみません(^^ゞ

こんにちは さん、こんにちは(笑)

富士山麓オウム鳴くですか、または富士山麓オウム教・・・?

昨日は灯火開始時は気温も高く楽しみだったのですが、点灯した後すぐに糖蜜回りをして帰ってきたら、コウモリが2匹灯火周りを飛び回っていました。

おそらく飛来した8割は掻っ攫われた様におもいます、悔しいですね~~
8時すぎるとぱったりと飛来が止まって、コウモリもいなくなりましたが・・・・

コケイロもエグリももっと来ていたと思いますが、採ったのはエグリ1頭、コケイロ2頭、ナカグロホソ1頭と寂しい結果となりました・・・残念!


もんたさん

ムラサキミツボシの糖蜜の時も並行して灯火をやったのですが、そちらには1頭も飛来しなかったんです。
昨年も同じく、灯火に飛来したのはエゾミツボシ1頭のみで、やはりムラサキは来ませんでした。
種類によってかどうかは良く解らないのですが、
気難しいグループです、だから人気も有るんでしょうね。

コケイロは先ほど展翅してみましたが、間違いなさそうに思いました。
標本写真撮りますので、今度同定の方よろしくお願いします。

コケイロホソ、いいですね
エグリキリガも秋のは綺麗だな~

カバイロって、秋は春程たくさんきませんよね。
私もそう感じます。
秋でもたま~に、ウワっと飛んでくる日があるので、羽化してすぐ休眠でもしちゃうんですかね~??
エゾミツボシもそんな印象です。
よくわからんですね(-"-)

富士山麓オウムなくじゃなくって、キリガ採集でしたか。エグリキリガ、コケイロホソキリガ、ドッチも未採集種なので、羨ましいです。
とりわけ、見たことないコケイロホソキリガの同定はできません。
たしかこれは結構な珍品じゃなかったでしょうか。

コメントを投稿

最近のトラックバック

OCN 検索

カテゴリー

最近の記事

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Powered by Blogzine[ブログ人]

蝶生態

  • ヒメシロチョウ
    野外で撮影した蝶をアップします。できれば今後は飛翔写真に挑戦したいと思いますが・・・・難しそうです。

スズメガ科

  • クロメンガタスズメ
    胴体と翼がジェット機のようなこのグループは、造形のカッコ良さが魅力的です。 展翅がビシッと決まった時は、見ていて惚れ惚れとしてしまいます。

ヤママユガ科

  • ヤママユガ
    姿の大きさや目玉模様の複雑さ・・・私は好きです。 種類数も少なく色の変異も様々で、採集を楽しむには持って来いの蛾です。

シャチホコガ科

  • アカネシャチホコ
    手頃な大きさ、翅型、色の変化の渋さ、良いグループです。 まだあまり採集経験が有りませんが、主力にしたい仲間です。

蛾生態

  • ナイターの明かりに集まる蛾の飛翔
    主に自然の吸蜜、交尾などの生態に関する物をアップします。

シャクガ科

  • オカモトトゲエダシャク
    私が少年時代に蛾を採集していた頃はお金もあまり無く、図鑑を買うにも保育者の下巻だけで限界でした。 したがってシャクガの仲間はあまり得意ではありません。 今後どのような展開になるかは分かりませんが、徐々に馴染んでいこうと思います。

My 機材

  • ムラサキシタバ展翅
    主に私が使っている、採集、標本作製、撮影に使っている機材をアップします。

蛾の顔アップ写真

  • ウスクモヨトウ横顔
    普通の写真では解らない蛾のプリティな顔つきを、拡大してみました。 それぞれ個性が有って、中々良いモンですよ。

カギバガ科

  • ムラサキトガリバ
    早春に発生するトガリバの仲間が好きです。 春の妖精・・・・そんな感じですかネ。