« タカオキリガ | メイン | 春の大型蛾Ⅱ »

2010/05/07

春の地味系大型蛾

春には独特な大型蛾が出現する。

その中で異彩を放っているのがオオシモフリスズメ。

大型種が多いスズメガ科にあって、ひときわ大きく形態も変わっている。

手に取るとギーギーと鳴き、前翅外縁がパラソル傘の様に波打っている。

昔図鑑を見て憧れていたが、関東に住む私には遠い夢。

頭の中にだけ描いているしかなかった、まさに憧れの蛾。

この春始めて出逢ったが、期待に違わず素晴らしい蛾だった。

2010441 体毛も荒々しく、鱗粉も分厚い。

色模様も複雑で、渋カッコ良いとしか言いようがない。

前翅をもってリンゴの皮に当てれば、皮も剝けるのではないかと思うほどにシャープな感じがする。

201044 指に乗せ背後から写してみる。

やはり燻した金属を連想させるような質感だ。

大きさと言い色柄と言い、少年だった私が憧れる訳だとつくづく思う。

201044_2 最後に横顔のアップ。

胸の毛のモフモフ感に、SF映画に出てくる異星人の様な造形。

普通、蛾の顔をアップすると、縫ぐるみの様な可愛さが有るが、さすがにオオシモフリは違う。

こんな蛾に出逢う事が出来るのだから、やはりこの趣味はやめられない・・・・と今回はUPするオオシモフリスズメに合わせて、作風を変えて見ました(^^v

コメント

皆さん、返事が遅れてすみませんでした。
8,9日と新潟へギフ採集に行っていました。

カトカラおんつぁんさん、そうなんです・・・もったいないですね。
コンビニの駐車場だから、どうしても事故にあう確率が高いんですね。
来年は何とか♀を確保して、採卵出来るよう努力します。

Me262さん、こんばんは。
蛾にあまり親しみが無い人には、あの胴の太さがいまいち気持ち悪いのでしょうね。
慣れてくると、そこがまたカッコいいのですが(^^v
特にオオシモフリは、渋いですよ~~~標本上がったらまたアップしますね。

蛾LOVE さん、こんばんは!
オオシモフリ♀、ホームページを見て涎を垂らしていました(笑)
確かに、いかにも油が出そうな感じですね。
今回はすべてアンモニア注射で絞めてから生展翅をしたので、今のところ油は出ていません。
それよりも一緒に採集したタケウチエダシャクの方が、油びたしになってしまいガッカリでした。
来年は是非ライトトラップをご一緒しましょうね、川北さんも御一緒に(^^)

川北和倫さん、ありがとうございます。
新潟には、昆虫王や埼玉昆虫談話会のメンバーも数人来ましたよ(^^v
川北さんの話をしたら、一緒にナイターやった人もいて、良く解ってらっしゃいました。
来年はぜひ、ライトトラップでアズサやタカオを御一緒しましょう!!

おおお羨ましい^^;
初遭遇おめでとうございます。

僕のほうは今年は結局休みが上手く取れずオオシモフリ遠征は叶いませんでした。
来年こそはまた会いにいきたいものです
タカオキリガもダメだったなぁ><

こんばんは〜^^
私のトコでも載せましたが、5/2の時点で♀1でした。というかまだいたのか!?という感じでしたが。。。^^:

生展翅しないと油めっちゃ出る蛾ですね。

オオシモフリスズメですか・・・。
私はいまいちスズメガの仲間は魅力を感じないのですが、蛾屋さんを中心に結構人気のある蛾のようですね。
ネットで検索すると沢山ヒットして、その魅力が語られていました。

カトカラ先輩の仰る「ジェット機を思わせる造形美」・・・、解るような気がいたします。
でも、ちょっと怖い(苦笑)

もう1回お出かけしていたんですか。
さすがです。♀の車にひかれたのも勿体ないですよねえ。卵を産ませたら50か100は産んでくれたのにって思うと。

これは是非とも自分で飼ってみたい蛾ですね。

カトカラおんつぁんさん、こんばんは。

オオシモフリ、何とも言えない良さがありますね。
あの後もう一回行ったのですが、日曜日だったのでポイントのコンビニには同じ狙いの人が複数いました。
一人が車にひかれた♀を採っていましたが、私はすぐに退散してしまいました。

来年こそは♀を採って、採卵したいですね(^^v

作風変えましたか。
依然変わらず、私にはよだれもんシリーズでございます。

この蛾は、まさに王者の風格ですよね。
派手じゃないのに、すばらしい貫禄です。ジェット機を思わせる造形美、人間の方がこれを真似して作っているんじゃないかとさえ思ってしまいます。

コメントを投稿

最近のトラックバック

OCN 検索

カテゴリー

最近の記事

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Powered by Blogzine[ブログ人]

蝶生態

  • ヒメシロチョウ
    野外で撮影した蝶をアップします。できれば今後は飛翔写真に挑戦したいと思いますが・・・・難しそうです。

スズメガ科

  • クロメンガタスズメ
    胴体と翼がジェット機のようなこのグループは、造形のカッコ良さが魅力的です。 展翅がビシッと決まった時は、見ていて惚れ惚れとしてしまいます。

ヤママユガ科

  • ヤママユガ
    姿の大きさや目玉模様の複雑さ・・・私は好きです。 種類数も少なく色の変異も様々で、採集を楽しむには持って来いの蛾です。

シャチホコガ科

  • アカネシャチホコ
    手頃な大きさ、翅型、色の変化の渋さ、良いグループです。 まだあまり採集経験が有りませんが、主力にしたい仲間です。

蛾生態

  • ナイターの明かりに集まる蛾の飛翔
    主に自然の吸蜜、交尾などの生態に関する物をアップします。

シャクガ科

  • オカモトトゲエダシャク
    私が少年時代に蛾を採集していた頃はお金もあまり無く、図鑑を買うにも保育者の下巻だけで限界でした。 したがってシャクガの仲間はあまり得意ではありません。 今後どのような展開になるかは分かりませんが、徐々に馴染んでいこうと思います。

My 機材

  • ムラサキシタバ展翅
    主に私が使っている、採集、標本作製、撮影に使っている機材をアップします。

蛾の顔アップ写真

  • ウスクモヨトウ横顔
    普通の写真では解らない蛾のプリティな顔つきを、拡大してみました。 それぞれ個性が有って、中々良いモンですよ。

カギバガ科

  • ムラサキトガリバ
    早春に発生するトガリバの仲間が好きです。 春の妖精・・・・そんな感じですかネ。